新城幸也.jpg HP Topへは左サイド「リンク集」より

2012年03月06日

集団と風の影響

集団と風について。


ある程度の風ならば
まとまった集団に居ると
前や斜め、横からの風も外側の誰かが
一時的に受け、集団中央になれば無風状態。
前の選手が後ろに下がり
外の選手が中に入り
交代しながら体力を分散し
集団は集団を維持し走る。


所が風が強くなるとそれが崩壊する。



・真正面からの強風の場合

選手は風を受けたくないので
誰かの後ろに付く。
大多数がその動きをすると
集団は縦一列になる。

そうなると、誰かが
力の差やタイミングなどで
遅れると、
そこからちぎれてしまい
ちぎれ出した選手はまともに風をくらい
さらに厳しくなる。
そして、その後ろの選手は気付いた時には
遅れて分断してしまう。


・横からの強風が吹いた場合

選手は前に進んでいるので
無風であっても前から風が来る。
なので横から風が吹くと
実質的には斜め前からの風になる。

例えば、右からの強風が吹くと
選手は誰かの左斜め後ろに付く。
そうすると右側が先頭・左側が後方の
一直線になる。

しかし、道幅は限りがある。
道路の左端の選手の次からの選手は
真後ろに付かなければならない。
そうなると右斜め前からの強風を受け
厳しくなり、ちぎれる。

文章だけでは説明しにくいが
イメージできただろうか。

あくまで、分かりやすくするために
一定の強風を想定したが
実際のレースは
コースも変化し
目まぐるしく風向き・状況が変化する。
さらに、気温が低ければ冷えにより体力も消耗し
雨が降ればさらに厳しい。
選手は肉体が過酷な条件の中
神経を張り詰め、素早く状況に反応しなければならない。

強風の厳しさが理解できただろうか?


posted by yu2 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

【レース結果】GP Le Samyn 動画

また幸也が魅せた!!

ベルギー2戦目

GP Le Samyn
188km

今回のレースで幸也はエースナンバー
121を背負っての出場となった!

チームに与えられるゼッケンナンバーは下ひとけたが
1番からで、通常エースを1番にする事が多い。

昨年までヨーロップカーはあまりナンバーにこだわりが無く
アルファベット順で番号を振っていたが
今年からはちゃんとエースを1番にしている。

チーム出場メンバーリストを見ても
幸也がエースの布陣になっている事が伺える。

いよいよ、幸也もエースとして本格始動!!


レースは序盤やはりアタック合戦が続き
アベレージ50km/hを超える高速レース。

やがて5人の逃げが確立し
中盤の山岳地帯も越え
最大9分近いアドバンテージを築き
終盤20kmまで懸命に逃げ続けた。

FDJとガーミンチームの牽引により
逃げは吸収され、終盤戦へ突入した。

1人が飛び出したがやがて吸収。

そして吸収された時のカウンターアタックで
幸也が飛び出すexclamation×2

「アラシーロ!」の名前がアナウンスされる!

4人ほどの逃げを形成するや否や
追走がバラバラと続き
メイン集団も引き連れてくる。

あえなく幸也たちは吸収されることになった。

が、続くカウンターアタックで1人飛び出すと
それに反応して飛び出すのは幸也exclamation×2exclamation×2
連続アタックだパンチexclamation×2
幸也の真っ黒に焼けた肌と
隆々とした大腿筋と
必死の形相をカメラが捉える映画
「ユッキーヤアラシーロッ!!」がこだまするexclamation

もう一人加わり3人の逃げに!

必死に踏み込むがあせあせ(飛び散る汗)
メイン集団はまったくもって手を緩めず
離さない!!

3人のうち1人はローテーションに加わらず
実質2人での逃げだ。

懸命に逃げ続けたがメインの追撃によって
残り10kmで吸収された。

直後ベルギーの名物 石畳とカーブと登りで
1人飛び出すが常に射程圏内。

人数が絞られた集団は一つになり
ゴールスプリントへ!

Arnaud DEMARE(FDJ)がゴール直前で捲り優勝ぴかぴか(新しい)


ラスト6kmからの動画↓





1 Arnaud DEMARE FRA FDJ
2 Kris BOECKMANS BEL VCD
3 Adrien PETIT FRA COF
4 Anthony RAVARD FRA ALM
5 Giacomo NIZZOLO ITA RNT
6 Maxime VANTOMME BEL KAT
7 Romain FEILLU FRA VCD
8 Alexey TSATEVITCH RUS KAT
9 Jean-Luc DELPECH FRA BSC
10 Matteo TRENTIN ITA OPQ




幸也も僅か26秒遅れの52位でフィニッシュしているexclamation×2


残念ながら映像が見つけられませんでしたが
あのシーンはホントに興奮しまくりましたグッド(上向き矢印)
(直前まで睡眠落車寸前でしたが^^)

『生で観てる特権』ですね。


着には絡めませんでしたが
エース幸也の走りは
レースを動かしパンチ
勝負に挑んだ爆弾
エースらしい熱い走りでしたexclamation×2

今シーズンホントに楽しめそうな気がします揺れるハート

Go!Go!Yukiya Arashiro!





posted by yu2 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

【レース結果】Tour du Haut Var第2ステージ 幸也が魅せた!

Tour du Haut Var
第2ステージFréjus 〜 Fayence 205.4 km

雪が道脇に残る寒さの残るレースで
幸也が熱い走りを魅せてくれました!!

序盤に形成された16名の逃げグループに
ユキヤ アラシーロが載っていました!

さらに、チームメイトのジェロームも載って
Europcarは2人!

残り60km付近での峠を越えたあたりで
逃げ集団が分裂し
先頭5人になり
そこにも幸也とジェロームが残っていた!

実況解説者も幾度となく「アラシーロ」を連呼し
(すみません。フランス語分からないだけですが^^;)
幸也専用ジャージの袖の赤いラインが
ひときわ目立っていました!

しばらくして幸也達の分裂は吸収され元の逃げグループに。

そこからアタックが幾度となく仕掛けられ、
幸也がアタックをつぶす(チェック)シーンも映る!

コフィディスの選手がアタックし
ジェロームが追走し
先頭は2人に。

中盤にかかり、ジェロームは下がり
コフィディスの選手が単独先頭。
メイン集団から追走集団が発生し
そこにチームメイトのピエール・ローラン!

単独の逃げを撃墜しそのまま先頭集団に。

終盤に差し掛かりメイン集団も追撃開始!

メイン集団前方ではエースのトマが待機し
チャンスをうかがう。
そして、幸也がトマに話しかけ
自分のボトルを渡すシーンが映る!

逃げからアタックが掛かり
先頭がばらける。
終盤逃げを吸収する時に
トマが動く!アタックをかけるがチェックがきびしい!
トマは失速し、そのきっかけで集団が活性化しバラケ出す。

最後の丘で勝負が決まり
Jonathan TIERNAN-LOCKが優勝!


レース動画 ↓ 必見!

Tour du Haut Var-matin dimanche 19.02 投稿者 france3cotedazur

トマが41位
幸也も50人以上タイムアウトになっている中
しっかり走り切り71位で無事ゴール!


終始、レースを握っていたTEAM Europcar!!
幸也も逃げた後もしっかり仕事をし
勝利は掴めなかったものの
チームともども調子が良さそうです!

幸也のラッキーナンバー7はたまたま
福島晋一さんのアジア選手権と同じナンバーだったようです^^
晋一さんは「(僕が)優勝していればいいとも言えますが・・・
僕が19位だったので幸也もその順位だったりして・・・」と^^

次、二人同じゼッケンの時は
二人揃って表彰台の真ん中に立ってもらいましょう!!^^


Go!Go!Yukiya Arashiro!
posted by yu2 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

感謝のごあいさつ

はいさい!

今年もあと僅か!

ブログの更新はかなり久しぶりになりますが
感謝の言葉を忘れないように綴りたいと思います。


まず、先の震災により
被災された方々へ心よりご見舞い申し上げるとともに
お亡くなりになられた方々へのご冥福をお祈りいたします。

そして、復興支援にあたり
幸也のサイン入りジャージ チャリティーオークションに
ご協力いただいた多くの方々に
心より感謝いたします。

御報告が遅れましたが、
約¥30000ほどの義援金を
全日本選手権開催地の岩手県に寄付することが出来ました。

今後も可能な限り支援をしていきたいと思っております。


幸也の一年をまとめて振り返ると
起承転結の『転』の年だったのではないでしょうか。

決して全てが上手くいったわけではなく
むしろ耐え忍ぶことの方が多かったと思います。

しかしこの一年が『貯め』の年となり
大事な年だったと『飛躍』したときに思い返すでしょう。

その飛躍にも応援の力は必要だと思います。

ファンの一員として
厳しい時も、好調な時も応援し続けたいと思います。

そして、同じように今年一年
一緒に応援して頂いた方々に感謝するとともに
来年も同様に大声援を送って頂くことを
お願いします!

Go!Go!Yukiya Arashiro!





posted by yu2 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

Circuit de Lorraine第5ステージ

Circuit de Lorraine第5ステージ
Metz – Hayange149.5km

嵐が向かってくる強風の中
スタートした最終日第5ステージ


幸也が逃げたようですexclamation×2

しかし、ゴール手前30km付近で
あえなく吸収されたようです。

しかし、TOPと13秒差程度に抑え
無事ゴールモータースポーツ

Circuit de Lorraine
第5ステージ結果

1 Romain FEILLU FRA VCD 27 3:26:21 16 0*
2 Anthony ROUX FRA FDJ 24 +0 11 11
3 Sébastien CHAVANEL FRA EUC 30 +0 6 6
4 Marco MARCATO ITA VCD 27 +0 5 0*
5 Romain HARDY FRA BSC 23 +0 4 4
6 Sébastien HINAULT FRA ALM 37 +0 2 0*
7 Romain ZINGLE BEL COF 24 +0
8 Stéphane POULHIES FRA SAU 26 +0
9 Steven TRONET FRA RLM 25 +0
10 Jean-Marc BIDEAU FRA BSC 27 +0

36 Yukiya ARASHIRO JPN EUC 27 +13



Circuit de Lorraine
総合結果

1 Anthony ROUX France FDJ 24 20:17:05
2 Thomas DE GENDT Belgium VCD 25 +0
3 Julien SIMON France SAU 26 +5
4 Rui Alberto FARIA DA COSTA Portugal MOV 25 +18
5 Pierre ROLLAND France EUC 25 +20
6 Laurent MANGEL France SAU 30 +22
7 David LELAY France ALM 32 +23
8 Romain ZINGLE Belgium COF 24 +24
9 Rémi CUSIN France COF 25 +24
10 Marco MARCATO Italy VCD 27 +25

29 Yukiya ARASHIRO Japan EUC 27 +38

総合はチームTOPは5位のピエール・ローラン
幸也はチーム2位の29位exclamation×2

今までで一番?いい総合結果で
調子の良さと、総合力のUPが伺えまするんるん

今後の活躍と
ツール・ド・フランスでのステージ優勝が
期待できますわーい(嬉しい顔)



Go!Go!Yukiya Arashiro!

posted by yu2 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。