新城幸也.jpg HP Topへは左サイド「リンク集」より

2013年03月03日

【レース結果】ツール・ド・ランカウイ2013 

ツール・ド・ランカウイ チームプレゼンテーション



ツールドランカウイ開幕直前インタビュー 新城幸也編 | 自転車動画シクロチャンネル CYCLOCHANNEL http://www.cycloch.net/2013/02/20/6448/


ツール・ド・ランカウイ第1ステージ
福島晋一兄ちゃんが約150kmのロングエスケープするが吸収され
優勝はテオ・ボス(オランダ、ブランコプロサイクリング)
EuropcarのBryan COQUARDは惜しくも2位!
幸也は同集団109位




第2ステージ
集団スプリントとなり テオ・ボス(オランダ)が優勝し2連勝!
Europcarのブライアンが4位。
幸也は同集団22位。




第3ステージ
超級山岳のコースでメイン集団の追撃から
逃げ切ってステージ優勝したMeiyin WANG(ワン・メイイン(中国、ハンシャンサイクリング))が
総合もTOPに!
超級山岳で追撃のアシストをしたが届かなかった。幸也は36位でゴール。
http://www.cyclowired.jp/sites/default/files/images/2013/02/24/Langkawi2013_3-9399.jpg






第4ステージは
幸也が逃げた!
http://www.cyclowired.jp/sites/default/files/images/2013/02/25/Langkawi2013_4-0895.half.jpg
http://www.cyclowired.jp/sites/default/files/images/2013/02/25/Langkawi2013_4-0455.jpg

しかしメイン集団は幸也達の力を警戒し常に射程距離に。
のこり10kmで吸収され、集団スプリントを制した
ヴィーニファンティーニの フランチェスコ・キッキ(イタリア)が優勝
幸也も先頭集団81位で無事ゴール!




ツール・ド・ランカウイ第5ステージ 
超級山岳ゲンティンハイランド頂上ゴールステージを
チームNIPPO・デローザの ジュリアン・アレドンド(コロンビア)が制し総合首位に。
幸也はローランをアシストし7’06”遅れの26位でゴール。



ツール・ド・ランカウイ第6ステージ 

幸也が独走で逃げる!
http://www.cyclowired.jp/sites/default/files/images/2013/02/27/Langkawi2013_6-3476.half.jpg
逃げメンバーが消極的だったため単独で逃げを試みるが
直後にメイン集団が追撃を始め吸収される。
その後、アタック合戦が繰り広げられ
ブランコプロサイクリングのトム・リーザー(オランダ)が残り3kmでアタックし優勝



第7ステージ 
チームメイトのシリル・ゴチエが2人で逃げたが捕まり
集団スプリントでアスタナのアンドレア・グアルディーニ(イタリア)が優勝!
幸也も同集団111位でゴール



第8ステージ
集団ゴールスプリントとなり幸也のチームEuropcarの
ブライアン・コカールが優勝!!
幸也も同集団53位でゴール!




第9ステージ 
勢いに乗った幸也のチームEuropcarのブライアンが連勝!!

幸也は1km手前での落車に巻き込まれひじ等
軽い擦過傷を負ったが大事には至らず。
救済処置のルールでタイム差は無しでゴール。

第10最終ステージ
周回コースで行われた最終ステージは
集団スプリントで、フランチェスコ・キッキが優勝。
ジュリアン・アレドンド(コロンビア、チームNIPPO・デローザ)が
総合首位を守り切り総合優勝となった!
幸也も同集団38位でフィニッシュ!




ツール・ド・ランカウイ2013個人総合成績
1位 ジュリアン・アレドンド(コロンビア、チームNIPPO・デローザ)34h53′07″
2位 ピーター・ウェーニング(オランダ、オリカ グリーンエッジ) +1′15″
3位 セルヒオ・バルディージャ(スペイン、MTNキュベカ) +2′10″
4位 ピーター・ステティーナ (アメリカ、ガーミン・シャープ) +2′32″
5位 ワン・メイエン(中国、ハンシャンサイクリングチーム) +2′40″
6位 ネイサン・ハース(オーストラリア、ガーミン・シャープ) +2′43″
7位 フォルッナート・バリアーニ (イタリア、チームNIPPO・デローザ)+2′49″
8位 ジョン・エブセン(デンマーク、シナジー・バク サイクリング) +2′55″
9位 ツガブ・グルメイ(エチオピア、MTNキュベカ・サムスン) +2′58″
10位 アミール・コラドザグ(イラン、タブリーズ・ペトロケミカル チーム)

25位 新城幸也(日本、チームEuropcar) +11'09"


2013年シーズン初戦となったツール・ド・ランカウイ
積極的にアタックをかけ、2回の逃げに成功し
超級山岳でもローランをアシストをし、
スプリントステージではブライアンをアシスト!
チーム2勝に大きく貢献し
本人の調子の良さと共にレベルの高さを確認できました!
落車にはヒヤリとしましたが
かなりいいスタートを切れたのではないでしょうか。
幸也の目標とする『ツール・ド・フランスでステージ優勝』に
さらに近付いてきたように思います!
今シーズンも新城幸也の応援をよろしくお願いします!!


p.s.先日の『Go!Go!Yukiya Arashiro!の活動について。』を
まだ見ておられない方は
http://arasiroyukiya.seesaa.net/article/331550354.html
を一読お願い致します。
posted by yu2 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | レース結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/341675662
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。