新城幸也.jpg HP Topへは左サイド「リンク集」より

2012年07月23日

【レース結果】ツール・ド・フランス2012第20ステージ 結果&動画&総合結果

ツール・ド・フランス2012
第20ステージ Rambouillet - Paris Champs-Élysées 120km

ついに迎えたツール・ド・フランス2012最終日!

3週間の闘いを終え
総合の各賞ジャージはほぼ確定しており
後はゴールラインを跨いで完走すれば決定される。

この日のステージは通年同様に
パリのシャンゼリゼまでのコースでは
闘いを労う実質パレード走行。

総合優勝 マイヨ・ジョーヌ ウィギンス選手
ポイント賞 マイヨ・ベール サガン選手
山岳賞 マイヨ・ブラン・ア・ポア・ルージュ ボクレール選手
新人賞 マイヨ・ブラン ヴァンガードレン選手
の4人を先頭に並びスタート。

集団はのんびり談笑しながら走り
和やかなムード。
沿道には多くの観客が途切れることなく続き
選手を称える。

総合優勝したウィギンスを擁する
SKYチームが全員横一列に並走し写真撮影。

それぞれ、活躍した選手を中心に
バイクカメラでの写真撮影会が続く。

幸也が日の丸扇子で先頭を走るシーンも!
http://a6.sphotos.ak.fbcdn.net/hphotos-ak-ash4/422257_339062792842937_441645919_n.jpg

日本人カメラマン砂田さんから渡された
日の丸の扇子を広げ、あっぱれな活躍をした幸也が
集団の先頭で撮影に応じた!


シャンゼリゼに入るとそこからはステージ優勝を狙う
真剣勝負に様変わり!!

エッフェル塔・凱旋門をバックに
石畳のシャンゼリゼ大通りを中心にした周回コースを
選手が駆け抜ける!!

最終ステージ、優勝すれば凱旋門をバックに
表彰されるこのステージは
特別に目立つため、選手のモチベージョンも高い!!

アタックも掛かり
逃げ切りを狙う選手と
スプリントで狙うチームとのバトルが始まる!


幸也は中盤に位置取り
幸也のスプリントに期待したが
逃げが吸収されラスト1kmの時には
先頭からは少し(中切れにより?)遅れてしまっていた。

最後はSKYのトレインから
カヴェンディッシュが残り300mと早めから飛び出し
強さを魅せつけ優勝!


ダイジェスト動画

http://youtu.be/JpEmZCMenV4


幸也は32位でフィニッシュ!

幸也は3回目のツール・ド・フランスを見事に完走!
出走198選手・完走153選手中、2時間29分13秒遅れの総合84位!
第4ステージで敢闘賞受賞!!

チームのステージ優勝3勝!
そのすべてのステージで幸也のアシストが光る!

チームでの敢闘賞は5回受賞!

そしてエースのトマ・ボクレールが
総合山岳賞・マイヨ・ブラン・ア・ポア・ルージュを獲得!!!!
http://a5.sphotos.ak.fbcdn.net/hphotos-ak-ash3/523849_258617010921291_1479520821_n.jpg


今大会、Europcarは大活躍し存在感を魅せつけた!


素晴らしい活躍をした幸也!
http://a2.sphotos.ak.fbcdn.net/hphotos-ak-ash3/552167_339062529509630_1858161020_n.jpg


凱旋門をバックにチーム全員でバンザイ!!
http://nippo-cycle.com/data/upfile/183-33.jpg



ジェネラルマネージャーのジョン=ルネ・ベルノドーと乾杯!
http://www.cyclesports.jp/upload/articles/articles006760.jpeg

第20ステージ結果
1. GBR CAVENDISH Mark 103 SKY PROCYCLING 03h 08' 07''
2. SVK SAGAN Peter 57 LIQUIGAS-CANNONDALE
3. AUS GOSS Matthew Harley 204 ORICA GREENEDGE
4. ARG HAEDO Juan Jose 172 TEAM SAXO BANK-TINKOFF BANK
5. BEL BOECKMANS Kris 122 VACANSOLEIL-DCM
6. NZL HENDERSON Gregory 116 LOTTO-BELISOL TEAM
7. SLO BOZIC Borut 182 ASTANA PRO TEAM
8. GER GREIPEL André 114 LOTTO-BELISOL TEAM
9. NOR BOASSON HAGEN Edvald 102 SKY PROCYCLING
10. FRA ENGOULVENT Jimmy 93 SAUR-SOJASUN

32. JPN ARASHIRO Yukiya 22 TEAM EUROPCAR + 00' 09''



ツール・ド・フランス2012
総合成績
1. GBR WIGGINS Bradley 101 SKY PROCYCLING 87h 34' 47''
2. GBR FROOME Christopher 105 SKY PROCYCLING 87h 38' 08'' + 03' 21''
3. ITA NIBALI Vincenzo 51 LIQUIGAS-CANNONDALE 87h 41' 06'' + 06' 19''
4. BEL VAN DEN BROECK Jurgen 111 LOTTO-BELISOL TEAM 87h 45' 02'' + 10' 15''
5. USA VAN GARDEREN Tejay 9 BMC RACING TEAM 87h 45' 51'' + 11' 04''
6. ESP ZUBELDIA Haimar 19 RADIOSHACK-NISSAN 87h 50' 28'' + 15' 41''
7. AUS EVANS Cadel 1 BMC RACING TEAM 87h 50' 36'' + 15' 49''
8. FRA ROLLAND Pierre 29 TEAM EUROPCAR 87h 51' 13'' + 16' 26''
9. SLO BRAJKOVIC Janez 181 ASTANA PRO TEAM 87h 51' 20'' + 16' 33''
10. FRA PINOT Thibaut 146 FDJ-BIGMAT 87h 52' 04'' + 17' 17''

26. FRA VOECKLER Thomas 21 TEAM EUROPCAR 88h 39' 28'' + 01h 04' 41''
59. ITA MALACARNE Davide 28 TEAM EUROPCAR 89h 32' 32'' + 01h 57' 45''
61. FRA GAUTIER Cyril 24 TEAM EUROPCAR 89h 33' 42'' + 01h 58' 55''
83. FRA KERN Christophe 27 TEAM EUROPCAR 90h 03' 48'' + 02h 29' 01''
84. JPN ARASHIRO Yukiya 22 TEAM EUROPCAR 90h 04' 00'' + 02h 29' 13''
139. FRA GENE Yohann 25 TEAM EUROPCAR 91h 01' 45'' + 03h 26' 58''


総合成績は狙っていない選手からすると関係なく
与えられたアシストの仕事をいかに遂行できたかが
一番重要ではある。
幸也は今回のツールで与えられた、期待された以上の仕事をこなし
超級山岳で牽引するなど素晴らしい走りを魅せ
チーム3勝、山岳賞獲得に大きく貢献した!

さらに、ロングエスケープを
第4ステージ・第10ステージ・第18ステージの
3回も成功させ
第4ステージでは敢闘賞獲得!!
日本人初の表彰台での受賞!!
その他、上級山岳コース以外ではほとんどのステージで
アタックをかけ、積極的な走りを魅せ続けた!

その、戦い続け、アシストしまくった中での
総合84位はとても素晴らしく
実力の高さと調子の良さを証明している!!


幸也コメント
「これが最高点ではない。まだまだ、自分自身、上に上がれるチャンスがあることを証明できた」
@nippo-cycle.comより

幸也のレースはまだ終わって無い!!
すぐに迎えるオリンピックで
結果を残す大仕事が本当のゴール!!



幸也に大きな声援を送りましょう!

Go!Go!Yukiya Arashiro!

posted by yu2 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | レース結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。