新城幸也.jpg HP Topへは左サイド「リンク集」より

2012年07月21日

【レース結果】ツール・ド・フランス2012第18ステージ結果&動画

ツール・ド・フランス2012
第18ステージ Blagnac - Brive-la-Gaillarde 222.5km

ツールのステージレースも実質最後のステージ

そして、平坦基調のコースで
スプリンター擁するチームの狙うステージ

そして、逃げ切り優勝をねらうと幸也が宣言していたステージ!

http://a1.sphotos.ak.fbcdn.net/hphotos-ak-ash3/532081_262629127186758_1766434151_n.jpg


そこで幸也が宣言通りアタックし
逃げに入り魅せてくれました!!


序盤からアタックが繰り返され潰されの繰り返しで
初めの1時間は平均時速48kmの高速レースに!

一次6人の逃げが決まるかと思われたが
50秒以上の差を広げることなく追撃される。


222.5kmという長いステージだが
結局最初の60kmは逃げが決まらず
高速集団で3級山岳を迎えようとしていた。

その時幸也がアタック!
9人の逃げ集団を築き3級山岳を登る!

幸也は3級山岳を2位通過し山岳ポイント1pを獲得!

その後メイン集団から追走アタックが掛かり
逃げ集団は16人に。

逃げ集団は実力のある豪華なメンバーで
16人の大きめのグループなので
逃げ切り確定かに思われた。

しかし、ステージ優勝を譲れないチームが
容認せず、タイム差が大きく開かない。

最大で3'10"ほどしかアドバンテージは築けず
逃げ集団も懸命にローテーションし引き離そうとする。

幸也の牽く姿もよく映り
人気の高さが伺える。

http://i.teameuropcar.com/2012/07/04/859710-14552090-317-238.jpg

メイン集団の追撃の手は休むことなく
じわじわ、詰め寄られる。

逃げ集団とメイン集団の我慢比べが
ひたすらに続く!

タイム差が2'00"を切った残り50km付近から
逃げ集団でアタック合戦が始まる!

決定付けるアタックは決まらなかったが
幸也も4級山岳手前でアタックし
頂上を1位通過し1p獲得!

一旦逃げ集団は落ち着きをとりもどし
再び協調してローテーションし
メイン集団との差を築こうとする。

が、メイン集団も残り少ない距離で
必死に追撃に掛り
みるみるタイム差を詰める!

残り20kmで逃げとのタイム差も1'00"を切り
逃げ集団でアタックが掛かる!

それに幸也は出遅れてしまう!

残された逃げメンバーで追う選手がほとんどおらず
幸也は3人で追いかける!

遅れた選手はどんどんメイン集団に飲み込まれていく!

幸也も懸命に追う!
しかし届かない!

後方から来たメイン集団のスピードに敵わず
吸収されてしまう。。

終盤のコースは道も細く
カーブも多く
メイン集団もなかなか捕まえ切れなかったが
最後は集団スプリントに!

スーパースプリンターのカヴェンディッシュが
ラスト300mから圧倒的なパワーとスピードで
異次元の強さを見せつけ優勝!

幸也は4分ほど遅れて無事ゴール!

ダイジェスト!
「ユキヤアラシロ!」


第18ステージ結果
1 Mark Cavendish (GBr) Sky Procycling 4:54:12
2 Matthew Harley Goss (Aus) Orica GreenEdge Cycling Team
3 Peter Sagan (Svk) Liquigas-Cannondale
4 Luis Leon Sanchez Gil (Spa) Rabobank Cycling Team
5 Nicolas Roche (Irl) AG2R La Mondiale
6 Tyler Farrar (USA) Garmin - Sharp
7 Borut Bozic (Slo) Astana Pro Team
8 Sébastien Hinault (Fra) AG2R La Mondiale
9 Daryl Impey (RSA) Orica GreenEdge Cycling Team
10 Samuel Dumoulin (Fra) Cofidis, Le Credit En Ligne

115 Yukiya Arashiro (Jpn) Team Europcar 0:04:42

総合成績
1 Bradley Wiggins (GBr) Sky Procycling 83:22:18
2 Christopher Froome (GBr) Sky Procycling 0:02:05
3 Vincenzo Nibali (Ita) Liquigas-Cannondale 0:02:41
4 Jurgen Van Den Broeck (Bel) Lotto Belisol Team 0:05:53
5 Tejay Van Garderen (USA) BMC Racing Team 0:08:30
6 Cadel Evans (Aus) BMC Racing Team 0:09:57
7 Haimar Zubeldia Agirre (Spa) RadioShack-Nissan 0:10:11
8 Pierre Rolland (Fra) Team Europcar 0:10:17
9 Janez Brajkovic (Slo) Astana Pro Team 0:11:00
10 Thibaut Pinot (Fra) FDJ-Big Mat 0:11:46

84 Yukiya Arashiro (Jpn) Team Europcar 2:23:07


http://a5.sphotos.ak.fbcdn.net/hphotos-ak-ash4/482104_338372902911926_511545423_n.jpg

幸也コメント
「他の選手の陰で、アタックが見えなかった。
みんなの脚がまだ余裕があるような感じだったから、
自分が追いかけて消耗したら、ゴールで負けるなって思った」

「あぁ〜、どうせ吸収されてしまうなら、
自分からさらにアタックすれば良かった、、、。悔しい」

いや〜凄い!!

宣言通りにアタックし
ステージを狙っていった幸也はとにかくすごい!!

逃げてる途中で
ツール・ド・フランスの公式HPでは
「今年唯一の日本人ライダーの新城幸也は
第4ステージで敢闘賞を獲ったライダー!
彼は再び今日のエスケープグループに!」
と紹介される!

今回のアタックで幸也はさらに
世界中に存在を魅せつけた!!

今大会でアタックしまくった幸也は
現地でも大人気!!


レース後異例のフランスTVの生放送インタビューを受ける幸也!
http://nippo-cycle.com/data/upfile/177-33.jpg

http://www.cyclesports.jp/upload/articles/articles006745.jpeg



第19ステージは個人TT
そして第20ステージは
最終日のパリ・シャンゼリゼ!!

エッフェル塔と凱旋門が迎えるゴールは
後わずかです!!

まだ、何が起きるか分かりませんよ!!

世界の幸也に大きな声援を送りましょう!

Go!Go!Yukiya Arashiro!
posted by yu2 at 07:11| Comment(2) | TrackBack(0) | レース結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

新城選手 ツール&オリンピックがんばれ!!

さて今週の週刊少年チャンピオン34号の
”別府史之&新城幸也ロンドンオリンピック応援特集”を読みたいです。

7月に名古屋から転勤で石垣に来て島ではチャンピオンがほとんど入荷しない。(TSUTAYA&きょうはん他)ということに愕然としています。
34号も入荷予定はないといわれてしまった。(泣)
(山田はたまに入荷するようですが...)

ときどき新城さんの対談など(弱虫ペダル関連で)があるのに島の人たちは知らないのでしょうか。非常に残念です。
Posted by まるけい at 2012年07月21日 15:31
まるけい様
ありがとうございます。
山田書店では毎週少ないですが入荷していますよ。
ただ、船便で届くようなので1週間ほど遅いです!
Posted by yu2 at 2012年07月22日 20:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/282218717
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。