新城幸也.jpg HP Topへは左サイド「リンク集」より

2012年07月12日

【レース結果】ツール・ド・フランス2012第10ステージ トマ・ヴォクレール優勝!!幸也@YukiyaArashiroスーパーアシスト!! 結果&動画


やった!!!やりました!!!!

エースのトマ・ヴォクレールが逃げ切って優勝!!

TeamEuropcar ステージ初優勝!!

http://nippo-cycle.com/data/upfile/153-33.jpg

ダイジェストには映っていませんが
LIVE放送では幸也の力強いアシストが
随所で映っていました!!!

序盤に形成された25人の豪華なメンバーの逃げは
タイム差をどんどん築く。
そこで幸也は先頭付近でローテーションに入り
積極的に逃げ集団を牽引し、
このステージの逃げ切りを狙う走りを魅せる!

逃げにはトマ・ヴォクレールが入っており
Europcarはトマを勝たせる作戦。
幸也はアシストに徹した。

http://cdn.cyclist.sanspo.com/photos/2012/07/VOECKLER-ARASHIRO001pppp-600x400.jpg

一つ目の2級山岳を通過後
トマは2回目のパンクにより遅れ
逃げ集団は下りに入り超高速で下る!
遅れたトマを復帰させるべく
幸也は後方に下がり
トマを引き連れペダルを高回転で回し下る!!

その甲斐あって逃げ集団に無事復帰。

と、思ったのもつかの間
幸也はまた逃げ先頭で鬼牽き!!

下りで皆が足を止めるほどの高速ダウンヒルで
幸也は追いつくために踏み続けた脚の疲労もものともせず
すぐに、逃げ切りを確定させるための走りに移行した!

それによりタイム差7分を
維持しながら中間スプリントポイントへ。
ゴスが1位通過し幸也は4位通過!13p獲得した。

そのまま、超級山岳の『ル・グラン・コロンビエ』に突入!

逃げ集団はばらけ、脚の無い選手が次々と脱落。
幸也もこの峠で逃げ集団から脱落した。

しかし、幸也はまだ仕事をする!
逃げの後ろについていたチームカーからボトルを受け取り、
メイン集団に残っているチームメイトにそれを渡す。

幸也はこの峠までに、間違いなく他の逃げ選手より働き
一番疲労している。
攻め続け、力尽きる選手は
こういった小さな仕事が出来ない事も多い。
幸也は最後までアシストの仕事をやりこなした。

幸也は直後はメイン集団の最後尾に付けていたが遅れ
後方集団で残りのレースを過ごす。
トマの優勝を信じて。

超級山岳の頂上まで残り9kmほどで
LLサンチェスがアタックし単独で逃げ登る。

それに、少し遅れながらトマ、スカルポーニ、デベナインスが追走
のちに合流。
そして、頂上手前でトマがアタックし
山岳ポイントを25p獲得した!

そのまま下りに入り逃げ4人は最後の3級山岳へ。

この3級山岳でもトマは1位通過し2p獲得!
これにより山岳ポイントTOPとなり
『マイヨ・ブラン・ア・ポア・ルージュ』(山岳賞赤水玉ジャージ)
をGET!!

頂上通過で後続に3分以上の差を付けており
残り20km!下り!で逃げ切る可能性も残っていた。

残り10kmを切ってから先頭の4人にフォイクトが合流。
しばらく5人で逃げ
残り3.5kmで先頭グループからデベナインスがアタック!
残り1.5kmでトマがデベナインスを抜き去り
そのまま単独でゴールに飛び込み優勝!!!





トマ・ヴォクレールは
ステージ優勝!!
山岳賞ジャージ!!
敢闘賞!!!
の3タイトルを一気に獲得!!!

すばらしい!強い!!
ツール前のひざの故障で
ツール前半はあまり目立たなかったが
ココに来て本領発揮!!!
得意の逃げとロングスパートで
見事にステージ優勝を果たした!!


第10ステージ結果
1 Thomas Voeckler (Fra) Team Europcar 4:46:26
2 Michele Scarponi (Ita) Lampre - ISD 0:00:03
3 Jens Voigt (Ger) RadioShack-Nissan 0:00:07
4 Luis Leon Sanchez Gil (Spa) Rabobank Cycling Team 0:00:23
5 Dries Devenyns (Bel) Omega Pharma-QuickStep 0:00:30
6 Sandy Casar (Fra) FDJ-Big Mat 0:02:44
7 Egoi Martinez De Esteban (Spa) Euskaltel - Euskadi
8 Pierre Rolland (Fra) Team Europcar
9 Jurgen Van Den Broeck (Bel) Lotto Belisol Team
10 Dmitriy Fofonov (Kaz) Astana Pro Team 0:02:52

73 Yukiya Arashiro (Jpn) Team Europcar 0:15:04


総合成績
1 Bradley Wiggins (GBr) Sky Procycling 43:59:02
2 Cadel Evans (Aus) BMC Racing Team 0:01:53
3 Christopher Froome (GBr) Sky Procycling 0:02:07
4 Vincenzo Nibali (Ita) Liquigas-Cannondale 0:02:23
5 Denis Menchov (Rus) Katusha Team 0:03:02
6 Haimar Zubeldia Agirre (Spa) RadioShack-Nissan 0:03:19
7 Maxime Monfort (Bel) RadioShack-Nissan 0:04:23
8 Jurgen Van Den Broeck (Bel) Lotto Belisol Team 0:04:48
9 Nicolas Roche (Irl) AG2R La Mondiale 0:05:29
10 Tejay van Garderen (USA) BMC Racing Team 0:05:31

20 Pierre Rolland (Fra) Team Europcar 0:09:28
31 Thomas Voeckler (Fra) Team Europcar 0:22:51
95 Yukiya Arashiro (Jpn) Team Europcar 1:00:13

幸也はポイント賞ランキングで
24位に浮上!!

http://www.cyclesports.jp/depot/img/depot006611.jpeg


ツール・ド・フランス2012で
Team Europcar初勝利!!

チームメイトの勝利は
みんなの勝利!!

もちろん幸也の働きが大きく貢献した事は
誰の目からも明らかでしょう!


連日活躍していたEuropcarは
日に日にギャラリー&声援が増えてきていたようですが
今回でさらに爆発的人気になったでしょう!!

幸也の走りも本当に素晴らしかった!!

この絶好調の波はまだ止まる事はない!!

今後も幸也の走りから目が離せない!!

ちばりよー!幸也!!

Go!Go!Yukiya Arashiro!




posted by yu2 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | レース結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。