新城幸也.jpg HP Topへは左サイド「リンク集」より

2011年09月12日

【レース結果】Grand Prix Cycliste de Montréal

Grand Prix Cycliste de Montréal

幸也敢闘賞受賞exclamation×2ぴかぴか(新しい)

カナダのモントリオールで快晴晴れの中、
開催されたプロツアーレース

12.1kmのアップダウンの厳しいコースを
17周回するコース

4周目に幸也を含む4人の逃げが決まり
最大6分30秒のアドバンテージを築いた。

11周目辺りからメイン集団は
ラボバンク、スカイを中心に追走を始め
幸也の果敢な走りも力及ばず
残り2周で吸収された。

レース動画(一般人の投稿)

幸也の激走が確認できますexclamation×2





終盤はアタックが繰り返されたが
決定的な差は開かず
登りでばらけて優勝をもぎ取ったのは
Rui Alberto Faria Costa (Movistar Team)

1 Rui Alberto Faria Costa (Por) Movistar Team 5:20:18
2 Pierrick Fedrigo (Fra) FDJ
3 Philippe Gilbert (Bel) Omega Pharma-Lotto 0:00:02
4 Jurgen Roelandts (Bel) Omega Pharma-Lotto
5 Stefan Denifl (Aut) Leopard Trek
6 Daniele Pietropolli (Ita) Lampre - ISD 0:00:04
7 Marco Marcato (Ita) Vacansoleil-DCM Pro Cycling Team
8 Arthur Vichot (Fra) FDJ
9 Rinaldo Nocentini (Ita) AG2R La Mondiale
10 Fabian Wegmann (Ger) Leopard Trek

88 Yukiya Arashiro (Jpn) Team Europcar

幸也も遅れたが無事に完走をしています。

そして、一番積極的な逃げをしていたので
敢闘賞を受賞しましたぴかぴか(新しい)
http://gpcqm.ca/en/gp-montreal-en/results-mtl/


直前のTwitterで幸也は「頑張らねば!」と
気合十分で望んだ今回のレース。

逃げ切り優勝は届かなかったものの
本人の意見も含め、調子は絶好調パンチ

次のレースは世界選手権!
その名の通り『世界一』を決めるワンデーレース爆弾

残念ながらツール・ド・フランスに選ばれなかった幸也が
後半の目標・照準としてきた世界選手権。

去年は予想できない展開で
最終集団に残った幸也が9位となる快挙を成し遂げ
ファンならびに、関係者が熱狂したぴかぴか(新しい)演劇

しかし本人は悔しがり
『世界のTOPが(すぐそこに)見えた。次は表彰台!』と
経験を得て、プロロードレーサー人生としての
大きな目標にもなった。


出場日本人枠は3人
新城・別府・宮澤の3名

幸也の調子も良く、宮澤崇史選手もつい最近のレースで
ステージ優勝を飾っており、好調。

レースの主導権を握ることは人数的に厳しいが
チャンスを狙って活躍する事が期待されますexclamation×2

世界選手権は9月25日(日)デンマークのコペンハーゲン

きたる日に期待が高まります黒ハート

Go!Go!Yukiya Arashiro!

posted by yu2 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | レース結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。