新城幸也.jpg HP Topへは左サイド「リンク集」より

2012年06月20日

【レース結果】&【ツール・ド・フランス】

まとめて書いているのでチョット長いです^^;

先日に出場していたRoute de Sudのレース結果


ツール・ド・フランスのチームメンバー選考で
重要な選考基準となるであろう
Route de Sudはカテゴリ1クラス
4日間のステージレース。

1日目、2日目は平坦基調のコースレイアウト。

2日間共にEuropcarは逃げにメンバーを送り
積極的なレース展開を繰り広げた。

1日目は183km
最後は集団スプリントとなり
幸也はアシストをしYohann GENEが6位となり
本人も同集団で29位となった。
1 Stéphane Poulhies (Fra) Saur - Sojasun 4:15:55
2 Arnaud Demare (Fra) FDJ-Big Mat
3 Manuel Belletti (Ita) AG2R La Mondiale
4 Mickael Delage (Fra) FDJ-Big Mat
5 Steven Tronet (Fra) Auber 93
6 Yohann Gene (Fra) Team Europcar
7 Jimmy Casper (Fra) AG2R La Mondiale
8 Enrique Sanz (Spa) Movistar Team
9 Baptiste Planckaert (Bel) Landbouwkrediet-Euphony
10 Fabien Bacquet (Fra) Auber 93
29 Yukiya Arashiro (Jpn) Team Europcar


2日目は197km
この日もスプリントとなり
チームメイトYohann GENEが4位に。
チームのエースThomas VOECKLERがひざを痛めており
アシストをしながら先頭集団で一緒にゴール。76位。
1 Arnaud Demare (Fra) FDJ-Big Mat 4:44:50
2 Steven Caethoven (Bel) Accent Jobs - Willems Veranda's
3 Manuel Belletti (Ita) AG2R La Mondiale
4 Yohann Gene (Fra) Team Europcar
5 Stéphane Poulhies (Fra) Saur - Sojasun
6 Mickael Delage (Fra) FDJ-Big Mat
7 Kristof Goddaert (Bel) AG2R La Mondiale
8 Steven Tronet (Fra) Auber 93 0:00:02
9 Baptiste Planckaert (Bel) Landbouwkrediet-Euphony
10 Jimmy Casper (Fra) AG2R La Mondiale
76 Yukiya Arashiro (Jpn) Team Europcar
77 Thomas Voeckler (Fra) Team Europcar



そして3日目
この日のコースは
ツール・ド・フランスの超級山岳コースで使われる
2114mのツールマレーを通過し
さらに1474mの2級山岳
1378mの1級山岳を含む204.6kmの超難関山岳コース!

なんとこの日
幸也は逃げた!
20名の逃げに幸也が入り積極的な動きを魅せる。
この逃げ集団にはアルゴス・シマノの土井選手も入って
日本人が2人逃げに乗るという
夢のような展開となった。

幸也は2回目のスプリントポイントを
2位で通過し3ポイントとボーナスタイム2”をGET!

そして一級山岳ツールマレーに差し掛かると
逃げの集団もバラバラになりだす。

そこで幸也が遅れるどころか
先頭集団で登る!
30km以上続く上り坂を
クライマーたちを差し置いて
前方で登り続け頂上通過は4位!!
山岳ポイント4ポイントをGETした。

そのまま逃げ続け
3つ目のスプリントポイントを3位通過で1ポイントGET!

残り50kmほどで追走集団に飲み込まれたが
その後も大きく失速することなく
難関山岳コースを+14’17”遅れの13位でゴールした。

1 Nairo Alexander Quintana Rojas (Col) Movistar Team 6:07:46
2 Hubert Dupont (Fra) AG2R La Mondiale 0:01:11
3 Anthony Charteau (Fra) Team Europcar 0:03:49
4 Kenny Elissonde (Fra) FDJ-Big Mat 0:05:55
5 Mathieu Perget (Fra) AG2R La Mondiale 0:06:33
6 Yannick Talabardon (Fra) Saur - Sojasun 0:07:08
7 Sergio Pardilla Bellon (Spa) Movistar Team 0:07:20
8 Riccardo Chiarini (Ita) Androni Giocattoli 0:08:39
9 Adrian Palomares Villaplana (Spa) Andalucia 0:09:29
10 Mikhail Antonov (Rus) Lokosphinx 0:12:07
11 Cyril Bessy (Fra) Saur - Sojasun 0:13:21
12 Jurgen Van Goolen (Bel) Accent Jobs - Willems Veranda's 0:14:17
13 Yukiya Arashiro (Jpn) Team Europcar

総合成績も+14'01"の11位となりTOP10まで
僅か1'44"差。
1 Nairo Alexander Quintana Rojas (Col) Movistar Team 15:08:45
2 Hubert Dupont (Fra) AG2R La Mondiale 0:00:53
3 Anthony Charteau (Fra) Team Europcar 0:03:55
4 Kenny Elissonde (Fra) FDJ-Big Mat 0:05:43
5 Mathieu Perget (Fra) AG2R La Mondiale 0:06:43
6 Yannick Talabardon (Fra) Saur - Sojasun 0:06:56
7 Sergio Pardilla Bellon (Spa) Movistar Team 0:07:30
8 Riccardo Chiarini (Ita) Androni Giocattoli 0:08:27
9 Adrian Palomares Villaplana (Spa) Andalucia 0:09:13
10 Mikhail Antonov (Rus) Lokosphinx 0:12:17
11 Yukiya Arashiro (Jpn) Team Europcar 0:14:01

そして、4日目。
この日はTwitterで土井選手と健闘を称え合い
「今日も逃げを狙う」と宣言しレースへ。
そこで2人で現地の取材を受ける姿が
Youtubeで観れます。
というか、このレースのHPのTOPに載っています!!

http://www.routedusud.fr/La_Route_du_Sud_Cycliste_-_La_Depeche_du_Midi/index.html

現地での注目度の高さと
実力を評価されているのではないでしょうか。

さらに圧巻はこの日、
宣言通り 幸也は逃げた!!

13名の逃げ集団は協調体制がとれていて
ローテーションをし集団からの逃げ切りを狙う。
この逃げ集団の中での総合TOPは幸也!
しかし、総合優勝を狙えるタイム差ではないので
幸也の狙いはステージ優勝。
スプリント力のある幸也がそのまま少人数で逃げ切れば
可能性は十分にある。

しかし、メイン集団も黙ってはいない。
終盤にかけどんどんタイム差を縮めてくる。

残り30kmで1分を割って来た。
その時!幸也を含む3人がアタック!
逃げ集団からの分離を図り果敢に攻める。
しかし、追走され吸収。
その後逃げ集団として最後まで粘ったが
メイン集団にも追い付かれてしまった。
幸也は20位でゴール。
1 Manuel Belletti (Ita) AG2R La Mondiale 3:09:31
2 Stéphane Poulhies (Fra) Saur - Sojasun
3 Juan Jose Lobato Del Valle (Spa) Andalucia
4 Kristof Goddaert (Bel) AG2R La Mondiale
5 Kevin Ista (Bel) Accent Jobs - Willems Veranda's
6 Steven Caethoven (Bel) Accent Jobs - Willems Veranda's
7 Armindo Fonseca (Fra) Bretagne - Schuller
8 Florent Barle (Fra) Cofidis, Le Credit En Ligne
9 Mathieu Drujon (Fra) Auber 93
10 Thierry Hupond (Fra) Argos - Shimano
11 Francisco Javier Moreno Allue (Spa) Androni Giocattoli
12 Arnaud Courteille (Fra) FDJ-Big Mat
13 Yukihiro Doi (Jpn) Argos - Shimano
14 Alessandro De Marchi (Ita) Androni Giocattoli
15 Bert De Waele (Bel) Landbouwkrediet-Euphony
16 Arnaud Labbe (Fra) Cofidis, Le Credit En Ligne
17 Giairo Ermeti (Ita) Androni Giocattoli
18 Mikhail Antonov (Rus) Lokosphinx 0:00:07
19 Hubert Dupont (Fra) AG2R La Mondiale
20 Yukiya Arashiro (Jpn) Team Europcar

4日間のレースを終え
総合成績11位!!
山岳ポイント16位!
スプリントポイント5位!
というリザルトとなった。

総合成績
1 Nairo Alexander Quintana Rojas (Col) Movistar Team 18:18:28
2 Hubert Dupont (Fra) AG2R La Mondiale 0:00:48
3 Anthony Charteau (Fra) Team Europcar 0:03:55
4 Kenny Elissonde (Fra) FDJ-Big Mat 0:05:38
5 Mathieu Perget (Fra) AG2R La Mondiale 0:06:38
6 Yannick Talabardon (Fra) Saur - Sojasun 0:06:51
7 Sergio Pardilla Bellon (Spa) Movistar Team 0:07:30
8 Riccardo Chiarini (Ita) Androni Giocattoli 0:08:22
9 Adrian Palomares Villaplana (Spa) Andalucia 0:09:13
10 Mikhail Antonov (Rus) Lokosphinx 0:12:12
11 Yukiya Arashiro (Jpn) Team Europcar 0:13:56

レース後の幸也は
「このコースに備え体重を落とし調整してきた成果が出でました。
ケガをしてからは無理かも知れない。
と思ったことも正直ありましたが、
皆さんの期待と、変わらぬ応援を受けて、
あきらめずにツールに向けてやることはやってきました。
今回の走りもチームから高く評価してもらえているので、
手ごたえを感じます。
後は、ドキドキしながらチームからの発表を待つだけです」
と語っている。(MiwaIIJIMA)
http://www.yaeyamanippo-news.com/archives/4254.html


はい。

すごいです。

4月の骨折から
練習不足、不安、あせりもあったであろう中
このレースで結果を残せなければ
ツール・ド・フランスの選考に漏れてしまうプレッシャー。
そして、チーム内だけでなくツール前のこのレースは
他の選手にとっても結果を残したいレース。
その中で
幸也は見事に活躍してくれました!

さらに驚く事は
山岳ステージでの走り!
本人は否定していましたが
周りからはスプリンターの脚質と言われ
スプリンター=登れない という一般的認識をされていました。
が、
クライマーばりに登っちゃいました。

という事で幸也は
逃げれる登れるスプリンター。という事です^^
あと、TTを極めれば無敵です^^


まだまだ、幸也は成長段階にあり
頂上は計り知れない所にあるのかもしれません。

去年のツール・ド・フランス選考漏れ。
4月の骨折。
この試練を乗り越え、みごとにステップアップする
幸也の強さは間違いなくホンモノです!

今回のこのレースで
ツール・ド・フランスのメンバーに選ばれる事は
濃厚の中の濃厚じゃないでしょうか。

もし選ばれなかったときは
Europcarの事務所に
激辛わさびせんべいと激辛島トウガラシが
私から届くことになるでしょう^^

ツール・ド・フランスメンバーの発表は
25日になるようです!

楽しみに待っておきましょう!!

Go!Go!Yukiya Arashiro!

posted by yu2 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | レース結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。